Web面接を受けてみよう!のページ

Web面接を受けたことはありますか?

コロナ禍の中、就職活動に大変な思いをしている方も多いと思います。
対面での面接が難しくなり、時代は「インターネットを使った就職活動」
主流となりつつあります。

従来の面接対策に加えて、インターネット上での面接対策も準備しなくてはなりません。
みなさんは、「Web面接」を受けたことがありますか?

 

【目次】
1. Web面接のことを知ってほしい。
2. この動画を見てほしい。
3. Web面接と対面の面接の「聞かれることは、ほとんど同じ」
4. それでも何となく不安・・・(テストミーティングの話)
5. まとめ

 

1.Web面接のことを知ってほしい。

「Web面接ってわからないから、Web面接をやる企業は受けない」

就職支援を行っていると、そんな声も聞こえてきたりもします。
私も就職氷河期世代の一員として、お気持ちがよくわかります。
新しいことを始めるときは、本当に不安です。
でもその一歩があなたの未来を変える可能性があるとしたら・・・

あなたが新しいことに不安なのと同じく、
新しいことを始めようとしている企業側も不安なのです。

「Web面接をやってみたいけど、どうしたらいいか全くわからない」
「Web面接って今までの面接と何が違うのだろう?何を質問したらいいのだろう」

企業側もたくさんの不安を抱えながら、少しずつ前に進んでいるのです。
企業がWeb面接を行う大きな理由は、

「優秀な人材と一緒に会社を盛り立てていきたいから」です。
そのために時代の流れを見ながら、新しいことにチャレンジしていくのです。

この流れに乗り遅れないでください。
このページを最後までご覧いただければ、

「Web面接を受けてみよう!」と気持ちが固まるはずです。

2.この動画を見てほしい。

「就職氷河期世代活躍支援プラン」を厚生労働省が行っています。
その一環として茨城県の事業を当社が受託し、制作した動画がこちらです。

この動画で、Web面接とはどういうものなのかがお分かりいただけます。

では実際にWeb面接を受けると決まってからの流れをご説明したいと思います。
今回は数あるWeb面接ツールの中から、
「Zoom(ズーム)」を使ったWeb面接の流れを見ていきましょう。

まずはZoomというWeb会議ツールの説明ですが・・・

「Zoom(ズーム)という名前だけ知っておけば大丈夫」です。
Zoomの成り立ちやほかのWeb会議ツールとの比較などは、知らなくても大丈夫!

●「無料で使える」
●「パソコン or スマホ or タブレットが使える」
●「インターネット回線(wifiでもスマホの回線でも)が安定している場所であれば、
日本中どこにいてもWeb面接を受けることができる」
ことを知っておけば、何も恐れることはありません。

上の動画の中にも出てきましたが、
書類選考を突破し、Webで面接することが決まったら、
企業側から必ず「Web面接について記載されているメール」が送られてきます。
そのメールに記載されている面接開始時間前に、

1. インターネット回線(wifiでもスマホの回線でも)が安定している場所で、
2. スーツを着て、
3. Zoomのアプリを立ち上げ、
4. メールに記載の「ミーティングID」を入力し、
5. 「自分の名前(フルネーム)」を入力し、
6. メールに記載の「パスコード」を入力し、
7. 「コンピュータオーディオに参加する」をクリック

すると、Web面接を受ける準備ができます。
この流れを知っておくだけで、とても気が楽になることでしょう。

3.Web面接と対面の面接の「聞かれることは、ほとんど同じ」

これは上記のとおりです。
わざわざ緊張しながら時間と交通費をかけて、
企業の準備した面接会場まで足を運ばなくても、
自宅などから面接を受けられる「Web面接」は、
面接を受ける側・面接をする側の両方にメリットのほうが大きいのです。

事前の準備さえしっかりしておけば、Web面接は怖くありません。

「その事前の準備が面倒くさい」

わかります。すごくよくわかります。
でも、少しだけ考え方を変えてみてください。

●「面接を受けに行く企業への道順をMAPアプリで調べる」
●「本番の面接の下見のために、実際に企業まで行ってみる」
●「早く着きすぎてしまった時のために、面接会場の近くのカフェを調べておく」

この行動を、

●「Web面接に使うツールを自宅で調べてみる」
●「Web面接に使うツールを実際に自宅で使ってみる」
●「面接開始時間まで、コーヒーを飲みながら自宅でしっかりと準備を整える」

に置き換えてみてください。
工数的には同じですね。

初めてのWeb面接は、それはもう緊張もするし、
もしかしたらインターネット回線が切れてしまって、
面接が続けられなくなってしまうかもしれません。
でも大丈夫なのです。
なぜなら企業側も回線切断等で面接が続けられないときの対応は、
しっかりと準備されているからです。
想定内なのです。

ですから、面接を受ける側のみなさんは、安心してWeb面接を受けてください。
想定外のことが起こったとしても、
落ち着いて企業側に電話やメールで連絡を取ってください。
そのあとの対応は、企業側の指示に従ってください。

4.それでも何となく不安・・・

わかります。とてもよくわかります。
その不安を解消するためには、やはり本番の面接の前に、
リハーサルをしてみることが良いでしょう。

リハーサルは簡単にできます。
Zoomなら「テスト」ができますので、気軽にやってみてください。

◆Zoomのテストミーティングのページはこちらから◆

↑のサイトは、Zoomのテストミーティングをする(インターネット接続の確認)のページです。
※下記の画像をクリックすると、大きな画面でご覧いただけます。

1. ●「参加」をクリックします。
2. ●上のほうの小さい画面の「Zoom Meetingを開く」をクリックしてください。
●初めての方は、アプリが自動的にインストールされますので、画面の指示に従ってください。
3. ●しばらく待つと画面中央に小さい四角が出てきます。
●ご自分の顔が画面上に出てきましたか?
●青色の「ビデオ付きで参加」をクリックしてください。
4. ●画面に出てきた「着信音が聞こえますか?」の質問に、聞こえているなら「はい」を、聞こえないなら「いいえ」をクリックしてください。
●「いいえ」の場合は画面の指示に従って設定をし直してみてください。
5. ●「話してから話をやめます。返答が聞こえますか?」の質問です。
●何でもよいので一言、話をしてみてください。その話した声が流れてきます。
●「はい」か「いいえ」をクリックし、画面の指示に従ってください。
6. ●この画面が出たら、
「コンピュータでオーディオに参加」を
クリックして、テストは終わりです。
お疲れさまでした!

いかがでしたか?
テストですから誰にも気兼ねなく何度でも試してみることができます。
本番の面接に向けて、ぜひチャレンジしてみてください!

5.まとめ

ここまで読んでいただき、ありがとうございます。

冒頭に宣言したとおり、「Web面接を受けてみよう」と思っていただけましたでしょうか?

今後「Web面接」とともに「Webでの打ち合わせ」や「Webでの会議」など、
Web上で仕事が進んでいくことになると思われます。

「Web面接」を通して、ここで一歩踏み出すことができれば、
時代の流れに乗り遅れることなく、就職活動を進めることができると私達は考えます。

このページが少しでもみなさまのお役に立てれば幸いです。